たるみが起きる原因

たるみが生じる主な要因とは

女性は年齢を重ねるとともに、目の下のたるみを気にされる方が多くいます。目の下がたるむと、年齢よりも老けて見られることが多いです。 たるみが起きる原因は、加齢によって肌のハリを維持するヒアルロン酸が減ることです。もともと目の周りは皮膚が薄いので、水分が不足しがちです。そこに年齢と共にヒアルロン酸が減少することで、さらに肌にハリがなくなってきます。それで、目の下の皮膚がたるんできてしまいます。 その他のたるみの理由は、仕事などで長時間のパソコン作業での目の使いすぎによるものです。目が酷使されると、目の周りの老廃物や血液の流れが滞ってしまいます。そのため、肌の新陳代謝が滞るので、たるみが引き起こされます。

たるみを解消する施術とは

美容外科では、目の下のたるみ取りの方法としてヒアルロン酸注入を行っています。このたるみ取り施術は、目元のたるみにヒアルロン酸を注入して肌を持ち上げる施術です。肌にハリが戻り、一気に若返ります。 そもそもヒアルロン酸は、体の中に元々ある保湿成分です。なので、体に注入しても全く副作用がありません。たるみ取りの料金は、5万円くらいと非常にリーズナブルです。しかも、安いクリニックでは3万円程度で行うこともできます。なので、気軽に施術を受けることかできます。 この施術の利点は、メスで皮膚を切開しないのでダウンタイムがありません。なので、体に負担がなく施術直後からメイクが可能です。手軽にたるみ取りができて、非常に人気の施術です。